今までの記録

■このページの最終更新日:12月 10, 2018 @ 23:34
学びフェスタは2011年よりベネッセコーポレーションが主催となって始まったのち、2014年からは聖学院中学校高等学校を会場として実施しています。ここでは2014年からの学びフェスタの様子を出場校(一部)およびメディアのホームページなどからご覧になれます。

10回目:新しい学びフェスタ2017

新しい学びフェスタOBの有志らが新しい学びとは何なのかを度重なる議論を通じて考えた、「●●を繋げ!」をコンセプトに持続可能な学びを具体的な目標を定めることで、社会や未来に繋がる学びを提供しました。本回で新しい学びフェスタも10回目という節目を迎え、ポスターセッション・ディスカッション(ワークショップから名称を変更)を高校生が運営・企画を実施し、新しい企画として教授などの発表を聴けるフラッシュダイアローグを行うなど新しい学びフェスタ史上初の様々な改革を行いました。ポスターセッション・ディスカッションの個人での受付を可能としたことや、SNSなどでの情報発信を強化したことなどから参加者数も過去最大を更新しました。

メディア:女子聖学院

開催までの軌跡を紹介しております

9回目:学びフェスタ2016

参加校、チームも増え多くの高校生が集結し、さらにユニークさが増したものとなりました。前年度に引き続き、ワークショップを実施しました。

メディア:聖学院 かえつ有明 東洋英和女学院 日本学園 西部学園文理

8回目:学びフェスタ2015

前年度に引き続き、聖学院中学校高等学校での開催となりました。初の試みとして聖学院とベネッセコーポレーションが開発を行った、ポスターセッション発表者、ロボットコンテストアドバンスト部門の参加者を対象とした「3校合同EGAKU Workshop(振り返りワークショップ)」を実施しました。

メディア:聖学院 富士見丘学園

7回目:学びフェスタ2013in 聖学院(2014年3月開催)

この年より学びフェスタ(現・学びフェスタ)は聖学院中学校高等学校で開催する運びとなりました。福島県や奈良県など各地から多くの高校生が集まり

メディア:聖学院 エキサイトニュース(前編)(後編)

富士見丘学園 玉川学園 海城中学高等学校

参加校はメディアのリンクを掲載している学校に限りません。リンク切れの場合がございます。予めご容赦ください。